おてとおかわりはしつけの基本中の基本ですが、なかなか覚えてくれない場合もあります。 以下のようなことに注意すると、効果的に覚えさせることができます。 ・おやつをあげる ・褒める しつけをする場合、おやつをあげることと褒めることは非常に重要です。 この2つがないと、しつけをするのが難しいと思ってください。 まず、自分の前に座らせて、犬の前に手を出して、犬の手をそこに乗せます。 そして、この時に、「おて」と言って、おやつをあげましょう。 そうすると、おてをするとおやつがもらえると思って、自分でできるようになります。 一日に何度も練習してマスターしても、翌日になると忘れることがあるので、毎日少しずつ練習させた方がいいです。 また、できた場合は、思い切り褒めるようにしてください。 おかわりもおてと同じようにしつけを行いますが、両方とも同時に覚えさせずにおてをマスターしてから、おかわりを覚えさせるようにしましょう。 おてとおかわりを同時にしつけしようとすると頭が混乱してしまうので、注意してください。